小児科ではどんな仕事を行うの?

小児科に勤務する看護師の仕事の実際

小児科に勤務する看護師は15歳までの患者様を診療科目に関係なく看護します。 診療科目でなくて年齢で区切る理由は、人間は15歳を境にして体のつくりが大きく 変わり15歳以下とそれ以上では同じ病気でも治療方法が違うからです。

小児に特化した技術や知識を集中させた科目が小児科なので、看護師は幅広い 知識を身につけなければなりません。 ここでは小児科に勤務する看護師の仕事の実際をご紹介致しましょう。

小児科看護師が仕事をする場所は病棟や外来だけではなくNICU(新生児特定集中治療室) やPICU(小児集中治療室)などを担当する場合もあります。特徴と仕事内容を各職場毎 に見てみましょう。

一番目は、小児病棟です。

小児患者が入院している病棟で、発達障害などの先天性疾患・アレルギーなどの 慢性疾患・小児がんなどの重篤疾患・骨折などの急性疾患などさまざまです。 先天性疾患や重度の慢性疾患の患者様は大学病院や大規模総合病院に多いです。 民間の病院では急性疾患患者が中心になります。

具体的には、「医師の診療サポート」「発育状態の見極め」「急変した場合の対応」 「患者様と保護者のメンタルケア」になります。小児科医師不足によって看護師の 仕事が拡大している病棟も多く、おむつ交換や食事介助は小児病棟に限っては患者様 の母親が行うことも多いです。

二番目は、NICU(新生児特定集中治療室)です。

未熟児や先天性疾患を抱えていて、すぐに手術しなければならない新生児の治療と 集中管理をする職場です。

主な仕事は、「新生児の体調管理」「輸液・注射などの 医療ケア」「酸素投与や他の病院への搬送処置など急変時の対応」「保護者のメンタル ケア」になります。

保育器の中でしか生命を維持できない赤ちゃんにとり微量の温度の変化や酸素濃度 の変化は命にかかわります。病棟以上に急変が起きる可能性が高いですから常に気配り と注意力が要求されます。

三番目は、GCU(継続保育室・回復治療室)です。

NICUほどの集中管理や集中治療の必要がない新生児のケアを行う職場です。 主な仕事は、「新生児の体調管理」「沐浴指導・授乳指導など退院指導」 「保護者のメンタルケア」です。

GCUは回復の目途がたった新生児が大部分です。
その一方、患者様の中には後遺症を持ち生きていかなければならない赤ちゃんもいます。
新生児に対しての成長指導や後遺症へのアフターフォローなど、いずれの場合でも
保護者への働きかけは大切な業務です。医療行為よりは患者様と保護者に対する指導と
いう業務が中心になってきます。